当院の3つの理念

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem Ipsum

1. ペットとご家族の思いを尊重し、安心と信頼の元、医療従事者の立場から最善の医療を提供します

Lorem Ipsum

2. 医学の進歩と共に学び、向上を続け、責任と思いやりをもって職務を果たします

Lorem Ipsum

3. 全職員が生命に携わる同志として同じ方向を目指し、やりがいと誇りを胸にチーム医療を推進します

 院長メッセージ

院長メッセージ

『ペットとご家族を繋ぐトータルケアを目指して』 1996年、私は臨床獣医師になりました。 その時から現在に至るまで病気治療に真剣に携わり、命を救うことに対して懸命に向き合ってきたつもりです。 そのなかで、ご家族の方々がペットたちと豊かに暮らすとはどういうことか、その意味を考えるようになりました。 発症してからの病気治療には限界があることも多く、どうしても辛い検査や痛みの伴う治療などが必要なことがあります。 「少しでも楽にしてあげられる可能性があれば」と、私たちの説明に納得していただき共に治療に協力してくださる飼い主様はたくさんいらっしゃいます。 しかし、場合によってはその検査や治療がご家族の方々やそのペットたちに対して大きな負担になることも出できます。 その経験を重ねるうちに、病気になってからの治療だけではなくもっと予防や健康診断に力を入れて、病気になる前のケアをしたいと考えるようになっていきました。 また、手術や薬の投与などのいわゆる医療行為以外に、心に寄り添ったケアはできないものかと考えさせられました。 老犬の介護の方法や在宅治療の選択、どこまでを病院で行いどこまでを自宅で行いたいのか、どういう治療をするとどんな症状が出るのか、などなど、飼い主様と獣医師がきちんとお話ししなければいけない事象はたくさんあります。 限られた診察時間のなかでこれらのことをしっかり、そして確実に飼い主様と意思の疎通をとることは本当に難しいことであり、今でも日々の目標になっています。 私たちは今までもこれからも、このようなご家族に寄り添った治療を目指し、信頼していただける医療の提供ができるよう向上し続けたいと考えています。 ~ルル動物病院の4つの柱~ ルル動物病院がペットたちやご家族の方々にとって辛いだけの場所にならないようにしたいということは、日々の診察のなかでずっと考えてきたことです。 花川の「ルルキッチン」というドッグカフェをつくったのは、ペットにとってもご家族の方々にとっても楽しいと思える場所を病院の近くに備えたかったからです。 病院の方向に向かうと足が止まる…そういったワンちゃんも病院の後は楽しいドッグカフェで遊び美味しいご飯が食べられると思うと、少しは足が進みやすくなるかもしれません。 トリミングサロンの「カシュカシュ」を開いたのは、病気をもった子たちが安心してきれいにしてもらえる場所をつくりたかったからです。 心臓が悪い、腰が悪い、ガン治療中、寝たきりになってしまった…様々な理由でトリミングを諦めなければならないペットたちを安全な環境できれいにしてあげたいと思いました。 ご家族の方々もきれいになったペットを見て嬉しくなる、そんなお手伝いをしたったからです。 花川院では猫ちゃん専用の待合室と診察室をつくりました。 少しでも臆病な猫ちゃんがリラックスして診察を受けられるようにと考えた結果でした。 獣医師は病気を治すことが一番大切な仕事ですが、ルル動物病院の目標は『ペットとご家族に寄り添った治療とトータルケアを提供すること』です。 ルル動物病院は新川院、花川院の2つの動物病院、ドッグカフェルルキッチン、ペットホテル&トリミングのペットサロンカシュカシュの4つの柱から成り立っています。 ペットとご家族の絆を深めるための総合的なお手伝いができるよう、これからもスタッフ一同努力していきます。

Our Team

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.
Albert Jacobs
Albert Jacobs
Founder & CEO
Tonya Garcia
Tonya Garcia
Account Manager
Linda Guthrie
Linda Guthrie
Business Development

Happy Customers

Cloud computing subscription model out of the box proactive solution.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Latest news